講座の内容について

 

講座では、日本人講師(私)がグループレッスンを行っています。

 

グループレッスン? 恥ずかしくない?と思う方もいるかもしれませんが、日本人は学校の教科として英語を学んでいるため自分や人の英語のレベルを気にする傾向がありますが、誰でも最初は初級者、全く気にする必要はありません。それに上級者でも簡単な単語が出てこない時もあります。誰もが同じ学習者です。

 

まず大事なのがルールです。

文法内容を項目別にまとめた、独自テキストを作っており、皆さんに配布します。

一通り、話すため(読むためも)に必要な文法項目が入っているため(基本から応用まで網羅)、初めての方は少し圧倒されるかもしれませんが、まったくその必要はありません。必要な部分を少しずつ覚えて行けばいいのです。

 

最小限の文法項目で話すというのも、全くありです。

一方、文法無視、経験重視で行くと、なかなか溜まっていかず、途中で嫌になってしまいます。

最小限でいいので、ルールを覚えると、「自分自身の文章」が完成し、「文を作る楽しさ」が生まれます。本来、話すことは楽しいものです。文を暗記して使う方法だと、この楽しさが半減し、また、暗記した文を忘れると使えませんが、文を組み立てる方法だと、「(ネイティブからすれば)完全な文ではないかもしれない」が「立派に意思疎通できる文」がいつでも作れるようになります。そこから出発すれば、文の完成度は、その人の希望次第で上げていけます。逆に、最初から完成された文ばかり作ろうとすると、長くなりすぎ、使うのに手にあまり、また、結局忘れて使えないことが多いのです。

 

漠然とした「外国人と話してみたい」「旅行に行くので使いたい」で始め全く構いません。

英語で話すことは、勇気が必要です。

間違えば、恥ずかしいし、相手に誤解される可能性はゼロではありません。

それでも、外国人と話すると、いろいろな気づきがあります。本で読むのと違い、彼ら、彼女らが、どういった人たちで、私たちと同じように、いろいろなことを考えながら、毎日を過ごしていることがわかります。ちょっと話をするだけでも、その国の断片が見えてくるのは、不思議で、楽しいことです。

 

ルール集のほかに、会話例文、単語集なども使いますが、基本は、なるべく「お勉強」にならず、絶えず「最小限の苦労で、実戦的に使える。」を目指すことです。

 

英語を学ぶのは、一人でもいいですが、グループでは「刺激を受ける」「学習方法やソース、本などの情報交換ができる」「会話ができる」といったメリットがあります。みんなで、楽しくやりましょう。